読書

【思考実験】「読む本」に飽きたなら「考える本」はいかがでしょうか

本読むの飽きました。

こんにちは、年500冊ほど読書しています堀 理穂(@hori_riho)です。

なんていうか、読書した後の、新しい知識を得て、生活に取り入れて、、っていう流れが自分の中にあるんですが、繰り返しすぎてマンネリ化してきたんですよね。

噛み砕いていうと、知識は得られても刺激が得られなくなってきたんです。まぁ500冊も繰り返してたらそうなりますよ。

ビジネス書を読み始めた頃は全てが新鮮で、自分の価値観が変わっていくのが楽しかったのに。。

 

しかし私はこーゆーときの対処法ももちろん知っています。脳を飽きさせないためには変化を取り入れるのが有効なんです。(これも脳科学の本に書いてあったことだ)

つまり、フツーじゃない本を、読む本じゃない本を買ってみればいいじゃないですか!

なーんてことを思いつつ、最近買った本がこちら。

問題解決力が身につく思考実験 これは「読む」本ではなく「考える」本です

もうタイトルの通り、読むのではなく考えるのを目的とした本です。

もちろん本である以上は文字を読むという行為は必要ですよ。読むだけじゃなく「考える」が付与されていると思っていただければ。

とは言っても、これは考える本です!なんて急に出されても「は?」って感じじゃないですか。「考える本って?どういうこと?」って思うじゃないですか。

手っ取り早く説明するために内容を一部紹介します。

HIVが蔓延すると牛丼が150円で販売される理由を述べよ

「HIV?牛丼??コイツなに言ってんだよ…」って感じですよね。そう、これが思考実験なのです

思考実験ってなによ

【思考実験】

実際には説明できない条件を設け、頭の中で推論を重ねていく思考による実験である

わかりやすく日本語で説明すると、

「ぶっ飛んだストーリーを合理的に説明してください」

ということらしいです。

例えば冒頭の問題では、

  • HIVが蔓延した
  • 牛丼が150円に値下がりした

という2つの出来事が同時に起きている。

本来まったく関係がない2つの事象に関連性を持たせられるかどうかがポイントになっております。

HIVが蔓延した→その結果〇〇になった→更にその結果〇〇になった→牛丼が値下がりした!というようにプロセスを穴埋めしていく感じですね。無理やりでもいいから説明することができたらクリアー。

面白いじゃないですか。私の知的好奇心に火がついたぞ。ぜったいに150円の牛丼にたどり着いてみせるぜ!待ってろ牛丼!!

実際やってみると難しい…

考えて考えて考えぬいた結果、私の導いた答えはこちら。

HIVが流行る→人間が大量に朽ちる→人口密度が下がる→牧場敷地の面積が拡大し牛が増える→牛肉の単価がめっちゃ下がる→牛丼が150円になる

もう一つ。

HIVが流行る→人間が大量に朽ちる→市場の競争率が減りいろんな物価が下がる。超下がる。→全ての販売物が半額になる。(牛丼も150円になる)

これが私の思考の限界っす。なんかあと一歩足りない感じがするよね。いやー難しい。。っていうか人間が朽ち果てる以外の選択肢はなかったのか?人間嫌いすぎるだろ私。

答えはあなたの心の中にあるよ

実はこの問題を取り上げたのは理由があります。答え合わせをしたときの納得感がすごいんですよ。

模範解答例は予想のナナメ上の角度からの発想でした。それでいて説得力もある。重要なのは「HIVが蔓延している世界」を具体的にイメージできるかどうかです

その世界の人々がどう行動するか。その結果どんな影響があるのか。あー!その考え方があったかー!!!ってなった。まさかの展開の発想力に感心しました。悔しいぜ。

でもこれはあくまでひとつの回答例であり、完全な正解がないってところがまた面白い。この問題にちゃんと向き合って真剣に考えたなら、それがきっと答えなんだろう。100人いたら100人の答えがあり、思考が無限ならば答えも無限にあるのだ。

つまり私が導き出した、人間が大量に朽ちる以下略〜の答えも解答例のひとつになり得るということ…!

というわけで、私の例を参考にして考えてみてください。ネタバレすると勿体無いので答えはここでは言いませんw

アンサートーカー(答えを出す者)になりましょう

論理的思考力っていうんですかね。そーゆーのが問われますね。本を読むにしても、ただ読んで、新しいことを知る、ってだけが読書じゃないなって思いました。

自分を鍛えるという意味でもとっても使える本。こんなに頭使ったのは久々だった。真剣に考えると脳力をめっっちゃ消費します。ゆっくりと解くのがおすすめですね。

ちなみに「アンサートーカー(答えを出すもの)」ってのは心理学用語でもなんでもなく、金色のガッシュです。あぁ懐かしい。

レクリエーションにも使えます

私は居酒屋で友人とお酒を飲みながら一緒に考えました。誰かと一緒に考えるのも楽しいよね。知的な友人でよかった。ウェーイ(☝ ՞ਊ ՞)☝な友人じゃなくてよかった…!

レクリエーションにも使えるし、友達と一緒に考えるのもよし、もちろん一人で考えても楽しい。

めっちゃおすすめです。なんか面白い本ないかなぁーって思っているなら、読むのではなく考える本を手にとってみるのも良いですよ〜

PS.考えてみてください

この本にはHIV牛丼の他にも面白い問題がたくさん載っていました。せっかくなんで問題を1つ置いておきますね。

論理思考に自信がある人 or 自信をつけたい人、よかったら考えてみてください。

「AはBだ。なぜなら〇〇が言っていたから。」という、権威による論証が成立しない場合の例を挙げよ

影響力の武器を熟読してる人はもちろん解けますよね!