アイコンイラストのご依頼はこちら
イラスト

Twitterのアイコンを見てください!わたしが描きました!!これわたしが描きました!!

わたしが描きました (うるさい

2018.6.11追記ブログリニューアルと共にアイコンが変わりました。この記事で紹介しているイラストは現在使用中のアイコンとは別になります。

経緯①:はやく人間になりたかった。

結構前から、Twitterアイコンどうにかならないかなぁ…って思ってたんです。

前のアイコンはこちらです。

このアイコン(キツネ)もわたしが描きました。これはこれで気に入ってる。リアルでも「動物に例えるとキツネっぽい」と言われる。

でも正直、「“堀 理穂”って完全に人の名前なのに、アイコンは“キツネ”ってどうなの…?」って思ってました。

このブログでもキツネ要素ゼロだからなぁ。やっぱイラストだとしても、人の顔が見える方がいいじゃないですか。ブログのキャラクターにも合ってないし…。

そんな感じで、

「キツネってなんなの…」
「なんでわたしってキツネなの…?」
「はやくにんげんになりたい…」

と、妖怪人間ベムのように『はやくにんげんになりたい…』と嘆き続けた結果…

その祈りが神に届いたようです。

なんと奇跡的に満足するアイコンを描きあげることができたのだ!

わたしは自分を褒めてやりたい。よくやった自分。

 

あ、Twitterでいいね!たくさんついて嬉しかったです。

フォロワーさんありがとうございます。(わたしにとって“9いいね”はかなり多いほう)

経緯②:実はもともとボツになった絵でした。

ちょっと前にボツにした絵(左)をブラッシュアップしたものです。

もともとの絵はぼけ〜っとしているというか、ふわふわしすぎている感じがする。

もっとメリハリを付ければいいんじゃないか?と思って、試してみたら案外うまくいきました。

具体的に意識したのは、

  • 線を太くする(極太)
  • ブラシでぼかさない
  • 目を明るくする

一枚絵のイラストには太線のほうが良さそうですね。手前は太く、奥に行くにつれて若干細くしています。

立体感が増してるように感じるのは線の効果もあるのかもしれない。このへんはもっと試行錯誤してみます。

キャラクターについて

キャラクターは中性的な感じになるよう意識してみました。男と女のバランスがなかなか難しかったです。

知的な雰囲気を出したかったので、知識のイメージカラーである青を着せてみました。

あと小道具として本も持たせてみた!これも知的っぽさをアピールしているぞ!

ちなみに持っている本は影響力の武器です!心理学の必読書ですよね〜。

乗算…?スクリーン…?

絵を描き始めて半年ほどですが、ちょっとずつ上手くなってる気がします。

でもまだ色塗りが苦手で、乗算とかスクリーンとか未だになんかよく分かってません。

  • 影を描くときなど、色を一部濃くしたいとき→ 乗算
  • 逆に色を薄くしたいとき→ スクリーン

って用途で使ってます。合ってる…?

このへんはもっと描きながら覚えていこうと思います…!

まとめ:お絵かき楽しいなぁ!

そんな感じで、このアイコンを描いたことは大きな自信になりました。わたしのお絵かきレベルが上がった! 頭ん中でテレレレッテッテッテー鳴ってる!

絵の素晴らしいところは、描けば描くほどレベルが上がるってことだと思います。半年前のわたし絶対こんなの描けなかった。

「成長してる!」と実感できると自己効力感が高まりますね。描いている間はマインドフルに。描き終わった後は自己効力感が。もしかして瞑想よりも絵を描くほうがメンタルに良いのでは…?

描いた絵はこれからもTwitterに投下していきたいと思います。頻繁には描けませんが、時間が許すかぎり絵を描いていきたい。もっと上手くなるぞーーー!!

わたしが参考にしてる本

最近はミニキャラを描くのにハマってます。今回描いたアイコンも3頭身。もっとたくさん描きたい!

以上、堀 理穂(@hori_riho)でした。ありがとうございました。