読書

通勤を学びの時間に変える!本を耳で聴く『オーディオブック』が便利すぎる

こんにちは堀 理穂(@hori_riho)です。

わたしは日常的にオーディオブックを利用しています。

audiobook.jp(旧 FeBe)』を初めて利用したのは2017年7月。

本を読むのではなく「聞く」という感覚が新鮮で、すぐにのめり込みました。

そこから1年3ヶ月経ち、購入したオーディオブックの数は51冊。

1ヶ月あたり3〜4冊と、結構なペースで利用させてもらってます。

おかげでインプットの時間が増え、時間を効率的に使えるようになりました。

この記事では、国内最大のオーディオブックサービス『audiobook.jp』の良さを紹介していきます!

オーディオブックなら通勤ラッシュの満員電車でもインプットの時間に変えられます。

是非おすすめしたいサービスです(*’▽’*)

オーディオブックとは

本をプロの声優やナレーターが朗読した「耳で聴く本」です。

  • 読みたい本があるけどなかなか読む時間がない
  • そもそも本を読むのが苦手

そんな人にオススメします。

Amazonが運営する『Audible』と、オトバンクが提供する『audiobook.jp(旧 FeBe)』の2つが有名です。

選べる冊数が『Audible』が約1万冊に対し、『audiobook.jp』は2万冊以上。

ビジネス書のラインナップの豊富さから『audiobook.jp』をオススメしています。

ここがスゴイ!オーディオブックの3つのメリット

①日常をインプットの時間に変えられる

なんといってもコレに尽きます!

  • 料理や洗い物をしているとき
  • 通勤や移動している時間

そんな日常的な行動と組み合わせられるのが一番のメリット。

通勤に1日1時間費やしているならオーディオブックを聴くのをお勧めします。

オーディオブックを使うだけで、その1時間がインプットの時間に変わります!

「本を読む時間がない」「もっと本を読んで勉強しないと」と焦って時間をつくるより、

すでに持っている時間をそのまま有効的に使った方が楽ですよね。

りほりほ
りほりほ
わたしも電車で移動するときに一番使っています!

②「学習しよう!」と無理に意識しなくてもいい

オーディオブックは、実は紙の本よりもずっとハードルが低いです。

仕事帰り、クタクタになっている状態で紙の本を読むのは辛いですよね。

オーディオブックなら、再生ボタンさえ押せば、あとはBGMのように耳から情報が流れてきます。

活字を追って目が疲れるようなこともなく、集中力も持続しやすい。

紙の本を読むのが苦手な方でも、オーディオブックを使えば無理なくインプットできるかと思います!

③本の種類が豊富!

audiobook.jp』で聴ける本は2万冊以上。

ビジネス書から小説、公演を録音したものまで、幅広い種類から選べます。

音声も本に合った声が当てられています。

ビジネス書はナレーターの方が読み上げていて、違和感もなくスラスラ聴いていられます。

小説はプロの声優が読み上げていて、セリフや感情の表現力がすごい。まるでドラマを見ているように楽しめます。

audiobook.jpを利用するなら

お試し期間がある『聴き放題プラン』がオススメ!

わたしがオススメするのは、audiobook.jpの『聴き放題プラン』です。

月額750円のプランに加入すると、対象になっている約1万冊のオーディオブックが聴き放題になります!

しかもこのプラン、30日間のお試し期間あり!

今加入すれば、1ヶ月無料でオーディオブックを楽しめます!

お試し期間も長めですし、1冊でも気になる本があれば気軽に試してみてはいかがでしょうか。

『聴き放題プラン』をチェックする

無料以外の本は購入が必要

聴き放題サービス対象外の本は1冊ずつ購入していく形になります。

1回購入すればずっと聴けるので、何度も聴きたい!と思った本は買うのがオススメ。

わたしは紙で読んだことがある本でも、「何度も聴いて覚えたい!」と思ったらオーディオブックを購入しています。

ベストセラー本の『自分を操る超集中力』や…



映画にもなった『君の膵臓をたべたい』などは是非持っておきたい本ですね!

おわりに

以上、『audiobook.jp』の紹介でした。

わたしも最初は「こんなのあるんだ〜」と興味本意で登録したのですが、

もう今では移動中にオーディオブックは必須になっています。

紙の本とは違った良さがあって、もう手放せません。笑

手軽に利用できるサービスなので、ぜひ使ってみてください。

りほりほ
りほりほ
ちょっとした時間も活用していきましょう!

以上、堀 理穂(@hori_riho)でした。ありがとうございました!

オススメのオーディオブックの紹介や、他のサービスとの比較も後日記事にする予定です。

更新はTwitterでもお知らせしますので、気になった方はフォローして頂けると幸いです(*’▽’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。