日常をレベルアップさせるライフハック漫画ブログ

テレレレッテッテッテー

ガジェット

【4コマ漫画付き】Apple Watch買ったぞーーーーー!!時間管理に最適なガジェット!

 

Apple-Watch買ったぞー!-テレレレッテッテッテー-

「スマホで時間見れるから腕時計とかいらねーわ」と思っていた時期が私にもありました。
りほりほ(@hori_riho)です。

 

おおよそ5万円という圧倒的お値段におそおののいて、ずっと買えずじまいだったんですが、ついに。

りほりほ
とっても今更なんだけど、Apple Watchを購入しましたー!!イェーーーーイ!!!

 

買ってから1週間が経ち、ようやくApple Watchが日常に馴染んできました。

いざ使い初めると「もっと早く買っておけば良かった!」と素直に思いましたね。。

 

Apple Watchは知名度こそあるものの、まだ普及率はそんなに高くありません。
気になってるけど購入に踏み出せないって方も多いのではないでしょうか。

かく言うわたしも、ほんの1週間前まではそちら側でした。

この記事では、わたしが購入に踏み切った理由や1週間使ってみての使用感をレビューしていきます。

Apple Watchが気になっているけど、なかなか購入に踏み出せないって方はぜひ参考にしてくださいね。

 

Apple Watchで何が出来るのか

使ったことない人からすれば「Apple Watchってなにが出来るの?」って感じですよね。

すごくざっくり言うと、

  • 健康状態のモニタリングが出来る
  • iPhoneでやってたことが手元で出来るようになる

この2つ!

スマートウォッチって言うと何かと色々できそうに感じるかもしれませんが、実は意外とシンプルなんです。

 

健康状態のモニタリングが出来る

Apple Watchでは心拍数、運動量、睡眠の質を計測してくれるトラッカー機能があります。

これを目的に買う人も多く、Apple Watchは健康ガジェットと言われることも多いです。

ですが、、正直なところ、わたしは健康に関してははあまり興味なしです。。

というのも、健康管理はOuraRingという指輪ガジェットを既に愛用しているので。。
わざわざApple Watchに乗り換えるメリットがないからですね。。笑

 

OuraRingは「2018年買ってよかったものセレクション」に選出しています。良かったらこっちも読んでみてください。

『今年買ってよかったモノ』17選!家電、ガジェット、ウェアラブルを一挙紹介!【2018年版】-テレレレッテッテッテー
『今年買ってよかったモノ』17選!家電、ガジェット、ウェアラブルを一挙紹介!【2018年版】

こんにちは、りほりほ@hori_riho)です。 実はガジェットオタクな一面もありまして、今年もいろんな器具を買ってしま ...

続きを見る

 

というわけで、わたしがApple Watchに惹かれたのは、

iPhoneでやってたことが手元で出来る

ってところです。

具体的には

  • 今日の天気予報をみる
  • 電車の時刻表をみる
  • タスク管理
  • スケジュール管理
  • 時刻の確認
  • タイマー
  • ストップウォッチ
  • アラーム
  • メモ
  • LINEやツイッターなどのSNS
  • メールチェック
  • ネットニュース
  • 音楽再生
  • 電話
  • Apple Peyのでの支払い

 

ざっと挙げましたが、iPhoneで習慣的にやってたことを手元でサクッと完結できるんです。

かつてPCでやっていたことがiPhoneで出来るようになったように、

iPhoneでやっていたことが腕時計で出来るようになります。ほとんどのことがスマホを取り出すより早く、秒でこなせるように。

このアクセスの速さ、お手軽さがめっちゃいいんですよ!

 

もうちょっと具体的に話します。

わたしがApple Watchを購入した目的

元からやりたいことは決まっていて、

「時間の使い方を見直す」

です。

 

というのも、ちょっと時間に対する意識が薄れてきたなぁと感じていたんですよね。。

ブラック企業にいた頃は多すぎる業務に追われ、身を削ってスケジュールや納期と戦ってきました。

それが転職してからというもの、、良くも悪くもホワイトな環境に加減に甘えていたこともあり...。
前よりもダラダラ過ごしてるな〜という自覚がありました。

そんな背景もあって、時間に対する意識を取り戻そうと思ったんです。

 

りほりほ
というわけで、Apple Watchは「タスク管理」「スケジュールや時間管理」をメインに使うつもりです!!

 

具体的にはまず、

タイムログアプリで時間を把握する

ってところから始めます。

タイムログは「何に」「どれくらいの時間を」使っているかを記録していく系のアプリです。

  • 通勤にかかる移動時間
  • デスクワークしている時間
  • メールチェックに費やす時間
  • SNSをみている時間
  • 休憩の時間やタイミング
  • 身体を動かしている時間
  • 副業(ブログやイラスト)の時間

こういった習慣になっている行動こそ、改めて時間の使い方を見直していく必要があるなーと思ってたんです。

ぶっちゃけスマホでも同じことはできるんですが、毎回スマホを取り出してアプリを開いて....とやるのが面倒なんですよね。

Apple Watchならすぐに画面に記録できるし、冒頭の4コマ漫画でも言ったように手元ですぐ時間を確認できるのも地味にでかいです。

りほりほ
漫画ではネタとして使ったけど、ほんとは馬鹿にできないくらいの便利さを感じています...!

 

②タスク管理アプリでやることを明確にする

りほりほ
これもスマホで出来ることだけど....

タイムログと同じく、ToDo・タスク管理もスマホでやろうとすると一手間かかってしまいます。

Apple WatchならToDoリストに素早くアクセスできて、お手軽にタスクシュート(処理)できます。

タスクを追加するときもApple Watchに向かって音声入力すればOK。Apple Watchだけで管理できるのは大きい!

 

更に言えば、もっと根本的なところから、

③スマホを触る時間を減らす

ってのも目的の一つ。

時間管理をする上で、地味に馬鹿にできないのがスマホを触ってる時間。

1回1回の時間は大したことなくても、それが何回も積み重なると膨大な時間をスマホで消費してしまいます。

もともと腕時計をしていなかったので、「今何時かなぁ?」と思ったらスマホで確認していました。
そして、iPhoneを開いたついでにツイッターやLINEをチェックする...みたいな。。どう考えてもこれは良くない。

 

ツイッターのようなSNSに限らず、メールをチェックしたり、あまり興味のないニュースを眺めていたり...。

そんな思わずとってしまう習慣的な行動も、Apple Watchで分散すれば軽減できると思ったんです。

 

ちなみにiPhoneを使っている方は「スクリーンタイム」という機能があるので、1日にどれくらいスマホを使っているかを確認できます。

りほりほ
設定アプリ→スクリーンタイムで確認できるよ!!

 

そんなこんなで、時間の使い方と向き合うべく、購入したApple Watchを購入しました。

いざ購入!Apple Watchの選び方

私が購入したのは2018年秋にフルモデルチェンジを果たしたApple Watch Season4 です。

種類によって値段が変わってきます。

モデル 40mm 44mm
アルミニウム
GPS
¥45,800 ¥48,800
ステンレス
GPS+CELLULAR
¥56,800 ¥59,800
ステンレス
GPS+CELLULAR
¥74,800〜 (※) ¥798,00〜 (※)

税抜き価格
(※)付属のベルトの種類により値段が異なります

カラーバリエーションは各モデル共通で、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3種類。
どのモデルも機能的な差はありません。

 

今回買いに行った店舗は、神戸市のApple製品取扱店、ヤマダ Labi 三宮店です。
神戸には悲しいことにアップルストアが無いんですが、取扱のある家電屋さんは多いので助かります。

店舗には44mmのスペースグレイ、ゴールドの在庫が1個ずつ。7ヶ月前に行った時は売り切れで泣いたので在庫があって良かったです。

40mmも在庫はあったんですが、わたしはかなり目が悪い(コンタクトして視力0.2程度)ので、少しでも文字が大きく表示できる44mmにしました。

色は仕事着でも違和感なく使えそうなスペースグレイをチョイス。

特にCELLULARにする必要は無さそうなので、GPSモデルを選びました。

 

Apple Watchの通信方法について

どのモデルでも、通常はBluetoothで連動させたiPhoneのネットワークを借りて通信を行います。

それに加えて、Apple Watch本体がLTE回線に接続できるのがCELLULARモデルです。
CELLULARモデルなら手元にiPhoneが無くても通信を行うことができます。

ポイントは「近くにiPhoneがない状態でも使えるかどうか」の違いですね。

りほりほ
わたしは一生iPhoneを手放すことが無いのでGPSモデル一択でした。
値段も11,000円安いのでオススメです!

 

1週間使ってみた感想!めっちゃ便利!

Apple Watchを使ってみた感想

 

前述のように、時間を記録するタイムログと、ToDoリストでのスケジュール・タスク管理を中心に1週間使ってみました。

りほりほ
まず率直に言うと、Apple Watchめっちゃ便利です!ほんと快適!

 

今まではiPhoneでTo Doなどを管理してたんですが、明らかにApple Watchの方が楽ですね。。

記録を小まめに付けれるから、タスクの切り替えも早くなったように感じます。

いちいちスマホを開いていたのが、手元でできようになるだけでこんなに便利になるんですね。。

 

この辺の使用感は言葉だけじゃ伝わりにくいと思うので、

実際のApple Watchの使用画面

を参考として載せておきます。

Apple Watchの待ち受け画面にはToDoリスト、タイマーを表示

待ち受け画面にはToDoリスト、タイマーを表示

よく使うアプリは待ち受けに登録できます。
ToDoリストにはブログを書く手順とか入れて効率化を図ってます。

 

タイムログアプリの画面。かかった時間を細かく記録できます。

タイムログアプリの画面。タスク毎にかかった時間を細かく記録

冒頭の4コマ漫画は3時間41分14秒かけて描きました。

 

Apple Watchのアクティビティ画面。自動で計測してくれる

健康管理のお供にはアクティビティ画面。

内臓センサーによりカロリーや運動時間を自動で計測してくれます。
もっと動かねば...!

 

Apple Watchの電車の時刻表は2つまで登録できる

電車の時刻表は2つまで登録できる

発車時刻までカウントダウンしてくれるのがGood!

 

LINEが来ると表示されるらしい。

LINEの送受信も出来るようですが、なぜか一度も通知が鳴らなかったのでよく分りません。
バグかもしれないです。(人間関係の方が)(友達の数9人)(察してください)

 

Apple Watchの使用画面はそんな感じ!

あ、言い忘れたけどもう一つ、

ドヤれる

ってのも見過ごせないポイントです。

ちょっとした優越感を感じられるのは、さすが天下のApple製品と言った所。

会社にApple Watchを付けて行ったんですが、同僚にも「あれ?それApple Watch?」「ちょっと見せてよ」と声を掛けられました。

冒頭でも言いましたが、Apple Watchはその知名度ほど持っている人を見かけません。

こっち側(持ってる側)に来るなら今がチャンスです。今ならまだドヤれます。

 

Apple Watchの不満点

いいところばかりじゃなく、やっぱり悪いところもあります。

まず何といっても

やっぱり値段が高すぎィ!!

「なぜ今まで買わなかったの?」と聞かれると、間違いなく一番の理由がこれです。

Apple Watchの価格は一番安いモデルでも税込だと49,464円。私が買ったモデルは52,704円でした。

時間管理をするという目的はあったものの、それだけのために5万円を払う価値があるか...?という疑問はありましたねー。。

これに関しては、もう使い倒してみないと分かりません。価値は値段で決まるものではないですし、使う人次第ですからね!!

 

それに普段使っているスマホ(iPhone X)や、イラスト・漫画制作に使っているiPadだって10万円以上の値段です。
これらは実際使い倒しているので安い買い物だったと思っています。

同じように、Apple Watchも使い倒せば値段以上の価値になりますよね。

Apple Watch導入により、早速ライフスタイルを見つめ直し中です。
5万円払っても元が取れたぜ!と言えるような使い方を模索していきます!!

 

バッテリー充電のタイミングが悩ますぃ

Apple Watchのバッテリー駆動時間は18時間が目安となっています(使用方法によって異なります)。
1日中使いたいなら基本的に毎日充電しないといけません。

わたしは外出時だけでなく、家の中でもタイムログを取りたいので、充電するタイミングが難しい。。

ということは、充電するタイミングは基本的に次の2つに限られます。

  • お風呂に入っているとき
  • 寝ているとき

お風呂はシャワーのみでササっと済ませてしまうので、充電時間を確保するのは難しそう。(バッテリー充電には90分必要)

この2つのどっちかなら、寝る時に充電するのがベターですかね。

幸い、睡眠トラッカーはOuraRingがあるのでApple Watchを着けてなくても睡眠の計測はできるので。

りほりほ
いつか1週間くらい充電持つようになるといいなぁと期待しています

 

他に不満があると言えば、

シンプルに邪魔

と感じるときはありますね...。

これはApple Watchというより、腕時計全般に言えることですが、、

もともと腕時計をする習慣がなかったので、単純に手首に何かが巻きついている感覚に慣れてないという...笑

例えば、ブログを書いているときは長時間キーボードを触ることになるのですが、タイピング中にベルトとMacbookの縁が擦れるのが気に障ります。

Apple-Watchのベルトとキーボードが擂れる-テレレレッテッテッテー

タイピングし辛いったらありゃしないです。

とりあえずの対策として、ブログを書くときApple Watchを手首ではなく腕の方にズラして装着してますが。。

この辺りはベルトを変えればちょっと改善しそうな気もします。しばらく様子見ですね。

と、いくつか不満点を挙げましたが、どちらかと言うと「もっとこうだったら良いのになー」という要望に近いですね。

使ってる中で致命的に不満を感じることはありませんでした。(値段を除けばな!)(やっぱ5万円の出費は痛い!!)

 

Apple Watch買ったぞーー!!のまとめ

↑(語彙力)

Apple Watchは、スマホのように生活必需品とはいかないまでも、生活をワンランク上に、ちょっぴり便利に変えてくれるガジェットでした。

ぶっちゃけ、Apple Watchで出来ることはほぼiPhoneでも出来ます。だけどそれは“機能的”な話であって。

Apple Watchでは、“心理的に”iPhoneで出来なかったことが出来るようになる。と感じましたねー。

たとえば、タスク管理なんかはiPhoneだとアプリを開くのが面倒で続かなかったりする。ついつい入力するのを忘れて「もういいや...」ってなりがち。

でもそれがApple Watchなら手元でサクッと管理できるから続けられる。みたいな。

「iPhoneがあれば十分!」という意見も多いですが、Apple Watchを手に入れるとライフスタイルが変わりますよ。

もっと楽に、もっと効率的に、とライフスタイルを追求するなら、Apple Watchは必需品だと思います。

りほりほ
スマホよりも更に身近なところで、生活をサポートしてくれるガジェットです。気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

またしばらく使ってみて、いい感じのアプリや活用方法を考えたらブログで紹介していこうと思います。

当ブログでは他にも便利ガジェットについても記事を書いていますので、この記事が気に入った方はよかったら下の記事も読んでみてください。あなたにピッタリのガジェットが見つかるかもしれません!!

『今年買ってよかったモノ』17選!家電、ガジェット、ウェアラブルを一挙紹介!【2018年版】-テレレレッテッテッテー
『今年買ってよかったモノ』17選!家電、ガジェット、ウェアラブルを一挙紹介!【2018年版】

こんにちは、りほりほ@hori_riho)です。 実はガジェットオタクな一面もありまして、今年もいろんな器具を買ってしま ...

続きを見る

 

それにしても、iPhone、iPad、Macbook air、Airpods、Apple Pencil...どんどんアップル製品が増えてゆく〜〜

  • この記事を書いた人

りほりほさん

神戸在住、30歳の会社員兼イラストレーター。4コマ漫画と文章でライフハックやガジェット・アプリを紹介するブログです。

-ガジェット
-,

Copyright© テレレレッテッテッテー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.