日常をレベルアップさせるライフハック漫画ブログ

テレレレッテッテッテー

読書

【超厳選】読書家が選ぶオススメ本はこれだ!今年読んでよかった本25選!【2018年版】

もう読書はライフスタイルの一部でして、2018年は200冊以上の本を読みました。

りほりほ
今年もたくさん読んだね〜

 

その200冊の中から『読んでよかった!』と思えた素晴らしい本を厳選し、25冊まとめて紹介します!

ビジネス書、心理学、実用書、専門書など、いろんなジャンルから選りすぐりの精鋭たちピックアップしました。

読む本を探している読書家さんたちの手助けになれば幸いです!

 

あくまでわたしが今年読んだ本になるので、発売日が2018年より前に発売された本も含まれています。ご了承ください。

りほりほ
それでは、25冊まとめてどうぞ〜

 

目次

2018年版 読んでよかった本 -思考法編-

FUTURE INTELLIGENCE ~これからの時代に求められる「クリエイティブ思考」が身につく10の習慣

世界の偉人を中心に、クリエイティブ性が高い人の共通点を分析&解説した本

10個の項目が書かれているんですが、「え?それもクリエイティブと関係あるの?」って思うような、意外な内容もありました。

 

他の本から得た知識や経験が、面白いほど“クリエイティブ性”へと繋がっていくんですよね。パズルのピースがハマっていくような感覚を受けました。

わたしの価値観に影響を与えてくれた本です。クリエイティブな仕事に関わる人は必見!

りほりほ
個人的には今年一番かも!? りほりほイチオシです!

 

Wait, What?(ウェイト、ホワット?) ハーバード発、成功を導く「5つの質問」

こちらは自問自答スキルの本です。

思考系の本の良いところは、新しいことを始めるとき、決断を迫られたときに迷わなくなるんですよね。

Q思考――シンプルな問いで本質をつかむ思考法』『やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~』など、考え方の枠組みを教えてくれる本はたくさんあります。

この本はその系統の中でも、一番具体的で、日常的に役立つ本だと感じました。シンプルに5つにまとめられているのがとても良きです!

りほりほ
考え方の指針になる本は1冊持っておくと便利ですよ〜!

 

ハーバード×脳科学でわかった究極の思考法

集中力ではなく“非集中”の本。

要するに「集中力を高めたいなら、ぼーっとする時間をつくるのが大切だ!」ってことをテーマにした本です。

あえて何もしない時間を作ることで、逆に集中度が増していく”という、まさに目からウロコな内容!

『いかに集中して取り組むか』ってところばかり気にしていた自分には衝撃の1冊でした。

 

SIMPLE RULES「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える

迷わずに行動できるよう、シンプルな基準を作っておきましょう!という本。

というのも、あれこれルールを決めて複雑化しちゃうと、実際に行動に移るまでにやることが増えちゃうんですよね。

この本では、複雑化したルールを一旦取っ払って、明確でシンプルな基準を再構築しましょう!といった方法が書かれています。

りほりほ
シンプルさ=単純なようだけど、実のところ奥が深い...!

 

STRETCH 少ないリソースで思わぬ成果を出す方法

「もっと技術があれば...」「お金があれば...」「絵が書けたら...」みたいに、人は自分が持っていないものほど眩しく見えて、それを求めてしまうもの。

この本ではそんな考え方を変えまして、「既に自分が持っているもので出来る方法はない?」って方向に話が進みます。

この本を読めば、思ったより自分が持っているものが多いってことに気付けけるんですよね。

確かに、今までの経験を活かしていった方が上手くいきますからね。納得の1冊でした!

 

コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす

りほりほ
え?パクリの科学... ?

ではなくて。

これは『模倣の科学』です。

出来上がったモノを真似るんじゃなく「そこに到るまでの仕組みや考え方を真似しましょう!という感じ。

 

ただ猿マネするんじゃなく、アレンジして自分の中に落とし込む方法として紹介されています。

名著ORIGINALSとも繋がってる部分があるなーと読んでて面白い本でした。

りほりほ
「バレないように丸パクリしようぜ★」みたいな本ではないので悪しからず!

 

2018年版 読んでよかった本 -心理・脳科学編-

POPULAR 「人気」の法則: 人を惹きつける謎の力

人って誰しも承認欲求がありますからね。「人に好かれたい」「認められたい」という人は多いんじゃないでしょうか。

この本では人気を『ステータス』と『好感度』の2種類に分解して、科学的に人気について解説しています。

TwitterやFacebookについても言及されているのがナイスでした。

インフルエンサーになりたい方は絶対に読んでおいた方が良いです。

りほりほ
この記事で紹介してる本の中でも、かなりオススメの部類です!

 

だれもわかってくれない:あなたはなぜ誤解されるのか

人と人がすれ違ってしまう『誤解』について書かれている本です。

相手は自分について詳しくわかっていない』っていう当たり前のことから、「自分で自分のことをどれだけ理解してる?」って内容にも入っていきます。

良い人間関係を築くには、思い込みを取り払っていくのが大事だなぁと感じました。

 

インビジブル・インフルエンス 決断させる力

影響力の武器で言うところの「社会的証明(=周りに流されて意思決定をしてしまう)」に特化した内容です。

自分でものごとを判断しているようで「実は周りにいる人や環境に決定させられているんじゃないの?」ってところを突いています。

決断は行動力と直結するものですから、決断のメカニズムを理解しておいて損はないです!

 

具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ

「分かりやすさとは何か?」をテーマにした本。

明確さは力とは言うものの、結局のところ大事なのは具体と抽象のバランスです。

相手の目線に合わせて抽象度をコントロールすることが大事なんだなぁと思いました。

人に説明するのが苦手っていう方にオススメします!

りほりほ
ゆるゆるした4コマ漫画もあり、和みながら読めました!

 

2018年版 読んでよかった本 -時間の使い方編-

週40時間の自由をつくる 超時間術

メンタリストDaiGoさんの本は全部買っていますが、個人的はこの“超時間術”が一番良かったです。

そもそも「時間が足りない!」って思うのは何故か。

常に何かに追われている感覚「時間汚染」を解消する方法とは。

ありふれた「時間を効率的に使う方法」が書かれた本ではありません。時間に対する意識を根本から変えてくれます。

りほりほ
ブラック企業で残業に追われていたとき、何度も何度も読み返した本です。

 

When 完璧なタイミングを科学する

『時間生物学』という変わった学問をもとにした本。

「What=何をするか?」「Why=なぜやるのか?」を考えるのが大事とはよく言いますが、『When=いつやるのか?』を題材にした本はかなり珍しいです。

睡眠、勉強、運動から、コーヒーを飲む時間まで、科学的に最適なベストタイミングが明らかになります。

りほりほ
ライフスタイルの改善に役立つ、心強い1冊でした!

 

DO IT NOW いいから、今すぐやりなさい

今年はメンタリストDaiGoさんも先延ばし本を出版されましたが、びっくりするほど内容が被っています。笑

「DaiGoさん、実はこの本を参考にしたんじゃない...?」って思うほど。

どっちも素晴らしい本なのは間違いないんですが、『DO IT NOW』には“先延ばしをする人が使いがちな言い訳リスト』が載っていたぶん、グサリと刺さる。。
ってことで『DO IT NOW』の方をオススメしておきます。

集中力 パフォーマンスを300倍にする働き方

集中力の本といえばメンタリストDaiGoさんの『自分を操る超集中力』が思い浮かびますよね。

この本は、そんなDaiGo本の完全上位互換!

読んだ方なら、明らかにDaiGoさんの『超集中力』を意識して書かれてるなーってのが分かると思います。笑

基本的にDaiGo本に書かれているメゾッドは網羅した上で、さらにプラスアルファの情報量で書かれています

りほりほ
ベストセラー作家だけあって、DaiGoさんに対抗するライバル本は多いですね〜

 

先延ばしは1冊のノートでなくなる

またまた先延ばし本。

この本のすごいところは「先延ばしをしている人が、普段どのようにものごとを考えているか」をバッチリ言い当ててくるところ。

先延ばし時の思考パターン、身に覚えがありすぎてグサグサ刺さります。。笑

本の内容としては“ノートの使い方”がメインではあるものの、先延ばしの思考パターンを知れたのは一番の収穫でした。

りほりほ
読むとやる気が出てくる1冊です!

 

2018年版 読んでよかった本 -マーケティング編-

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則

一時期、アフィリエイターの間で話題になった本ですね。Amazonで在庫切れが続いてなかなか手に入らなかった思い出があります。笑

女性の心理を分析していて、女性向けに特化した魅せ方・コピーライティングが学べます

写真付きの例がたくさん載っていて、ビジュアルがとっても分かりやすい。デザインの力ってすごいなぁと感じました。

りほりほ
続編のネットで「女性」に売る2も超オススメ!

 

新版 お客をつかむ ウェブ心理学

心理学×マーケティングな本。

心理学用語ががっつり出てきます。有名なものからマイナーなものまで。

よく聞くような心理学用語がたくさん並んでいるんですが、こんな応用の仕方があったのか!とびっくりしました。

やっぱり知識は使い方が大事だなぁと改めて感じました。

 

2018年版 読んでよかった本 -健康マネジメント編-

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~

パレオな男こと、鈴木祐さんの健康本。

炎症、不安、集中力、腸内環境、不眠など、現代人が抱えるさまざまな体調の問題を、進化生物学(文明病)とリンクさせています。

文明病にはほとんど馴染みがなかったんですけど、さまざまな研究や論文を元にしているのでとても説得力が高く感じました。

りほりほ
この本がきっかけで健康を意識するようになりました〜

 

 

最強の健康法 世界レベルの名医の「本音」を全部まとめてみた【ベスト・パフォーマンス編】

「身体の調子を整えて、常に最高のパフォーマンスを発揮してこーぜ!」ってことで、この本ではなんと50人の専門家が登場します!

医学の専門家だけでなく、脳科学者、メンタリスト、スポーツトレーナーなど。これだけの専門家を集めた本ってなかなか無いんじゃないかな・・・?

医学から。心理から。栄養学から。様々なアプローチで健康に導いてくれるでしょう。実践すればベストコンディション間違いなし本!

 

ハーバード&ソルボンヌ大学 根来教授の 超呼吸法

呼吸法って案外バカにならないものでして、リラックス効果(ストレス対策)はもちろん、睡眠導入やパフォーマンスを高めたい時にも使えるテクニックなんですよ。

パレオさんの『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』や、『スタンフォード式 疲れない体』、『姿勢も話し方もよくなる声のつくりかた』などの本でも、呼吸法の凄さががっつり書かれていました。

というのも、呼吸器官って24時間死ぬまでずっと動き続けている部分ですからね。呼吸侮るなかれ。

この本では、用途別に分けた10種類の呼吸法が学べます。

りほりほ
お手軽に実践できるのでぜひ試して欲しいところ!

 

2018年版 読んでよかった本 -その他のジャンル-

絵はすぐに上手くならない

『絵を描く』ってのは一括りにされがちなんですけど、実際はいろんな能力を複合させて1枚の絵を完成させているんですよね。

だから絵は「すぐに上手くなる部分」と「なかなか上手くならない部分」があるんです。

この本では『絵を描く』って行為を8つの能力に分解して解説しています。

わたしもイラスト漫画を描いているので、とっても参考になりました!

りほりほ
絵を書いている人みんなに読んでほしい・・・!

 

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

マインドフルネス瞑想の実践法がたくさんの事例と共に書かれています。

スピリチュアル感が強い瞑想ですが、今まで読んだ本の中で一番エビデンス(科学的な根拠)をベースに書かれていると感じました!

瞑想を習慣化したい方はぜひ読んでみてください!

 

 

[完訳版]セルフ・ヘルプ 自主独立の精神

『自助論』で有名なサミュエル・スマイルズ大先生の古典です。2018年12月、新たに完訳版が発売されました。

 

タイトルの意味は『セルフ=自分に向けた』『ヘルプ=努力』といったところでしょうか。

偉人たちの成功エピソードを集めた本なんですが、もう本当に名言だらけです。

GIVE & TAKEの精神が流行ってますが、改めて『自分のために生きる』って考え方を学び直すのもよいかと思います。

りほりほ
下手な名言本よりもよっぽど勇気付けらレました!

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

今年、わたしも四畳半に引っ越したんで、

すっっっっっっっごく共感できました。

 

参考記事

 

ぼくには数字が風景に見える

『サヴァン症候群』のダニエル・タメットさんの自伝本です。

数字に対して、色や形、感情を感じる”という、変わった共感覚の持ち主なんですよね。

『共感覚』って中二病ワードに惹かれて買ってみたものの、読み物としてすごい面白かったです。

言語能力に障害がないサヴァンは珍しいらしく、そんな人が書いた本はとても貴重!

現実離れしているのにノンフィクション。まるでおとぎ話のような世界観にとても惹き込まレました。

詳しくは書評記事(と見せかけた読書感想文)をご覧ください。

 

 

2018年版 読んでよかった本:まとめ

以上、25冊の本をどーんと紹介しました。気になった本はありましたか?

今年はわたしの選書の精度が上がったこともあり、かなりの激戦となりました。

一つ言えるのは、ここで紹介した本は自信を持ってオススメできるものばかりってことです!

読む本に迷ったとき、ここで紹介した1冊を手にとってみてください。

 

りほりほ
りほりほ(@hori_riho)でした。ありがとうございました〜
  • この記事を書いた人

りほりほさん

神戸在住、30歳の会社員兼イラストレーター。4コマ漫画と文章でライフハックやガジェット・アプリを紹介するブログです。

-読書
-

Copyright© テレレレッテッテッテー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.