日常をレベルアップさせるライフハック漫画ブログ

テレレレッテッテッテー

読書

パレオさん新著『ヤバい集中力』がタイトル通り神ヤバい本だった件【どうぞよしなに】

「パレオさんの新著『ヤバい集中力』買いましたー!」【読む前】「待ちに待った新刊!早く読まなきゃ!楽しみ!」【読んだ後】「この本はヤバい。」タイトルに偽りなし(語彙力を失うほど)どうぞよしなに−

もちろんいい意味で。

 

鈴木 祐パレオさんの新著『ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』が発売されましたね。

現代の必須スキルとも言える集中力をテーマにした本です。

過去作の『最高の体調』『超ストレス解消法』と同様、今回も論文ベースで科学的根拠が詰まった一冊になっておりました。

 

とても良い本...もといヤバい本だったので、この記事では本書の書評なるものを書いていきます。

何がどうヤバいのか、気になる方はぜひお付き合い下さいませ。

 

「集中力」の正体は、複数のスキルを掛け合わせたもの

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45-テレレレッテッテテー

そもそも、私たちが呼んでいる「集中力」って何なんでしょうか?

「無我夢中で1つのことに取り組むこと」「注意深く観察すること」「頭をフル回転させること」などなど、人によって様々な意見があるかと思います。

そう、人によって様々なんです。

集中だ!集中だ!!って言う割には、その定義があやふや。何を持って集中力と呼ぶのか、どうも漠然としたイメージを持っていました。

 

本書「ヤバい集中力」の序章では、この集中力の定義を明確に示してくれています。

つまるところ、私たちが「集中力」と呼んでいるものの正体は、複数のスキルの集合体だということ。

 

集中力の構成要素

  • 自己効力感・・・やり遂げられると思える心理状態
  • モチベーション管理能力・・・やる気を引き出して気持ちを高める力
  • セルフコントロール能力・・・目先の欲望よりも長期的なメリットを選択する力
  • 注意の持続力・・・1点に注意を向けつつ、それ以外を無視し続ける力

 

こういった複数の能力を掛け合わせて「より大きなパフォーマンスを発揮すること」を集中力と呼んでいます。

 

集中力って何処か漠然としている感じがあったんですが、こうやって細分化して見てみると「なるほど」と思えますね。

この定義を理解しておくだけで、1つ1つのスキルを自分でコントロールしたり、レベルアップできそうなイメージが湧いてきます。

りほりほ
「集中力を上げるイメージができるようになる。」
これだけでも神ライフハックなんじゃないか!?

 

集中力を発揮するための、45個の神ライフハック一覧

本書では、集中力...つまり、パフォーマンスを発揮するための45のライフハックが書かれています。

 

りほりほ
巻頭ページに、ライフハック一覧が折り込みで付いてきます。これは見返す時に便利!

ヤバい集中力-1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45-巻頭一覧-テレレレッテッテテー

 

メモ

この一覧はAmazonの商品ページでも確認できます。
画像を引用して載せておきますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

 

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45-一覧-テレレレッテッテテー

Amzonの商品ページより引用

 

さて。
このライフハック一覧の中でも、率先して取り組みたいと感じたのは、第4章に書かれている「報酬感覚プランニング」です。

「報酬感覚プランニング」について、本書では以下のように書かれていました。

 

1970年代からの研究で生まれた大量の対策から特に効果が大きいものを厳選したものです。
いわば科学が認めた集中力アップのテクニックの「オールスター」です。

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45 - 89pより引用

 

この報酬プランニングは、「心理対比」「リバースプランニング」「可視化リマインダー」など、効果が高い心理テクニックを1つのワークシートにまとめたもの。

手順に沿って紙に書き出していくだけで、モチベーションや自己効力感が補強されるという、まさに神ライフハックです。

 

45個のライフハックの中でも、おそらく著者が最も推しているテクニックではないか、と感じました。

「基本設定」「実践設定」「即効簡易版」の3つに分け、計20ページを超える文量でがっつり解説されています。

 

詳しいやり方はここでは解説しませんが、、ぜひ本書を手に取って確認して頂きたいです。

りほりほ
ただ、ちょっと手順が複雑なので立ち読みで実践するには厳しいかも...?
実践したい方は購入をおすすめします。

 

まとめ『ヤバい集中力』は、現時点で最も信頼できる集中力のバイブル

「この本はヤバい。」タイトルに偽りなし(語彙力を失うほど)どうぞよしなに ヤバい集中力-1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45イラスト-テレレレッテッテテー

これまで集中力の本と言えば、メンタリストDaiGoさんの『自分を操る超集中力』が有名でした。
ベストセラーになっていますし、読んだことがある方も多いのではないでしょうか。

DaiGoさんの本も様々な論文や研究データを元にしていますが、あくまでそれは出版当時の2016年のもの。
いわば過去のデータです。

過去には主流だった見解でも、科学の世界では情報がどんどんアップデートされているんですよね。

 

DaiGoさんの超集中力に書かれている内容で言うと、

  • 意志力(意思決定を行う力)には1日に使える総量があり、意思決定をするほど消耗していく
  • ナッツなどの低GI食品で血糖値の上昇が緩やかになり、集中力をキープできる

別の研究で、これらの見解には疑問符が投げられています。

「意思決定をしても意志力が減らないケースがある」「血糖値と集中力には相関関係が見られない」といった具合に。

 

本書『ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』はその点にも触れた上で、おそらく現時点で最も信憑性の高いデータを元に構築されています。

読みやすさ、実用性、読んでいる時のワクワク感、どれを取っても非常に満足度が高いです。
きっとこの本は2019年のビジネス書を代表する一冊になる。そんな予感がしました。

DaiGoさんの『超集中力』に変わる、集中力本の新定番になるかもしれませんね。
2冊セットで読み比べると新たな発見がありそうです。

まだ読んでいない方はぜひ手に取ってみて下さいね。りほりほ(@hori_riho)でした!

 

関連記事

  • この記事を書いた人

りほりほさん

神戸在住、30歳の会社員兼イラストレーター。4コマ漫画と文章でライフハックやガジェット・アプリを紹介するブログです。

-読書

Copyright© テレレレッテッテッテー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.